弁護士への依頼で、賠償金は大きく変わります

 保険会社が独自の基準に基づいて、本来受け取れるべき賠償額よりも大幅に低い内容を提示してくるケースは珍しくありません。まず、この現実を知ることが肝要です。

 弁護士が交渉することで、低額な賠償額での示談を回避できます。

 まずは、保険会社から提示された賠償額が適正なのか、その診断を弁護士に依頼するだけでもよいのです。

 当事務所では、保険会社から提示された賠償額をお教えいただければ、無料で、概略の見通しを説明しています。

 示談に応じてしまう前に、お気軽に、当事務所にご相談ください。

死亡事故のケース

 交通事故でご家族が亡くなられたとき、ご遺族は悲しみに暮れると同時に、加害者への強い怒りを覚えます。また、残念ながら、そのような遺族感情を理解しない保険会社もあり、そこでも憤りを感じるでしょう。

 それにも関わらず、提示された賠償金額を検討する余裕もないまま、手続きをどんどん進められてしまいます。

 亡くなった方は、その無念な気持ちを伝えることはできません。

 ご遺族としても、できる限りのことをして無念を晴らし、また、ご自身も納得したい、という想いが強いと思います。

 当事務所では、金額の大小だけではなく、遺族感情にも配慮した、丁寧な交渉・裁判をしていきます。

後遺障害が残ってしまったケース

 交通事故後、一定期間治療をしても後遺症が残ることがあります。

 もうこれ以上治療してもよくならない、となると「症状固定」になります。

 そして、後遺障害等級の認定がされれば「後遺障害」が残った、ということになります。賠償金は後遺障害の等級によって大きく変わってきます。

 弁護士が症状固定前から相談を受けてサポートすることにより、適正な後遺障害等級の認定が可能になります。

 また、認定結果に対する異議申立や、裁判により、当初の認定結果を超える等級が認められる可能性もあります。

 ぜひお早目にご連絡ください。

小さな交通事故も、迅速な解決を

 大きな事故ではないから、弁護士に相談しても無駄だろう、とか、高額な報酬を請求されるのではないか、とご心配される方もいます。

 しかし、当事務所では事故の大小に関わらず、ご依頼者様にデメリットが生じないような報酬体系をご提案させていただきます。

 小さな事故であっても、少しでも賠償額を増やしたい、納得いく解決をしたい、とお考えの場合、まずご相談ください。おおむね全治2ヶ月程度の事故から、ご依頼を承っております。 

 また、ご相談いただいても、すぐに弁護士と契約する必要はありません。「専門家にチェックしてもらったので安心して示談ができます」、と言って終わるケースも多々あります。

ご相談はできるだけ早く

 交通事故に遭ったとき、被害者は、通院・治療、車の修理、警察の事情聴取や現場検証といった事故に関する事項だけでなく、仕事や家事への対応等、日常生活の大きな変更を迫られます。なんの知識も準備もない中、突然に。

 また、初期対応を誤ると、証拠の散逸、治療方針の過誤、等の問題が発生し、リカバリーが不可能になるケースがあります。

 当事務所では、損害賠償だけでなく、初期対応で必要なことについてもアドバイスをしています。

スピーディーな対応を心がけます

 加害者との示談交渉に疲れてしまった、というお話しをよく聞きます。交渉が暗礁に乗り上げてしまった結果、長い間、膠着状態になるケースも少なくありません。

 また、弁護士に依頼すると、解決まで何年も掛かってしまうのではないか、とご心配される方もいます。

 じっくりと分析・交渉した方がよい事案もありますが、当事務所では、スピーディーな交渉・訴訟提起をモットーにしています。

弁護士費用特約を活用しましょう

 「弁護士費用特約」とは、任意保険に付随して加入する特約のことで、交通事故に遭った被害者ではなく、保険会社が、弁護士費用や、法律相談費用を負担するというものです。

 当事務所では、弁護士費用特約の範囲内で業務を行いますので、費用をほぼ0円に抑える事が可能です。

 ご自身が特約を付保していなくとも、同居の親族が加入していれば利用可能な場合があります。ぜひご確認ください。

解決事例

解決事例1・後遺障害認定

 交通事故により、足の関節に後遺障害が残ってしまいました。

 当初、12級と認定されていましたが、当事務所にて医師の協力を得ながら異議申立てをした結果、10級に上がりました。

 その結果、1400万円の賠償金が2500万円となりました。弁護士特約を利用したので、ご負担はありませんでした。

解決事例2・後遺障害慰謝料

 後遺障害12級の認定で、示談交渉により慰謝料が130万円から290万円に増額となりました。

解決事例3・傷害慰謝料

 追突事故で、全治6ヶ月。

 保険会社からの提示額は50万円でしたが、弁護士基準での交渉により、80万円に増額。

 解決まで約1ヶ月でした。

 弁護士特約を利用したので、ご負担はありませんでした。

解決事例4・傷害慰謝料

 追突事故で、通院2ヶ月。

 賠償金が4倍に増額しました。

解決事例5・過失割合

 交差点での事故で、相手方から「自分の信号は青だった」と主張されました。

 当事務所にて捜査記録を入手し、精査したところ、交差点進入前から黄色だったことが判明しました。

 過失割合を有利にできました。

感謝の手紙

 「この度はたいへんお世話になりました。飛び込みでご連絡したのですが、丁寧に対応いただき安心して進めることができました。分かる方に相談できるということはこんなにも心強いのだな、と思いました。また何かありましたらよろしくお願いいたします。」

弁護士費用

相談料 

 初回30分は無料。それ以降は30分5500円。

弁護士報酬

 【着手金】 0円

 【報酬】 回収額の11%+19.8万円

 ※ すべて税込みになります。

 ※ 必要経費(交通費や裁判費用等)は、別途ご負担いただきます。

 ※ 弁護士特約に加入している場合は、弁護士費用はかかりません。

関連記事

お気軽にお問い合わせください。0266-75-1985受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせ