男女問題(不倫)

男女問題(不倫)

不倫の慰謝料を請求したい

【不貞慰謝料とは】
夫(妻)が浮気・不倫相手と不貞行為をしたことで夫婦関係が破たんした場合や、配偶者が精神的な苦痛を受けた場合、それを金に換算し、その損害を償うためのものを「慰謝料」と呼びます。精神的苦痛を慰謝するための損害賠償ということです。
損害賠償の責任は、浮気・不倫をした2人にあるため、慰謝料は,夫(妻)だけでなく浮気相手にも請求することが可能です。
たとえば、離婚をせず夫婦関係を継続させる場合であっても、浮気相手だけに慰謝料を請求することができます。

【弁護士に依頼するメリット】
不貞慰謝料は、ご自身でも請求できますが、感情的になってしまい、冷静に交渉ができないケースがあります。また、証拠が不十分で、不貞を十分に証明できないケースも多いです。このような場合、交渉は暗礁に乗り上げ、結局、満足できる結果が得られない、ということになってしまいます。
弁護士に依頼すると、証拠をしっかりと検討したうえで、判例等の動向を十分に分析しつつ、冷静な交渉をすることができます。また、交渉に応じない場合や、慰謝料額が十分でない場合には、裁判をして適正な金額の慰謝料を取得することができます。

不倫の慰謝料を請求された

【慰謝料を請求されたときは】
不貞行為がないにも関わらず、疑われ、過度な請求をされている。不貞行為はしてしまったが、過大な慰謝料を請求されている。毎日のように電話がかかってくる。言うとおりにしないと会社や親戚にバラす、と脅されている。このような場合には、まずは冷静になって、ご自身の行為をしっかりと思い出す必要があります。また、請求相手の過剰な要求に対し、つい、真実とは異なることを言ってしまったり、慰謝料支払いを約束してしまうケースが非常に多いので、注意しましょう。賠償責任がある場合、それは支払わなくてはなりませんが、適正な金額である必要があります。

【弁護士に依頼するメリット】
慰謝料請求に対する交渉はご自身でもできますが、相手が感情的になっていますし、多くの場合、自分に負い目がありますので、冷静に交渉できないケースがほとんどです。
弁護士に依頼することにより、事実をきちんと分析し、また判例等の相場観を見極めつつ、冷静な交渉をすることができます。
裁判になった場合でも、十分な反論を行い、請求を排斥したり、慰謝料額を減額したりすることが可能です。

当事務所の解決事例・感謝の声

【解決事例1】
不倫相手に慰謝料を請求しました。訴訟も視野に入れましたが、早期解決を目指し、示談交渉を行いました。
「悔しい思いを抱きながら生きていくのではなく、自分の中でキチンとケジメが付けられてよかったです。」

【解決事例2】
不貞慰謝料を請求され、当職に交渉を委任。冷静に交渉をした結果、請求額の半額以下で和解できました。
「いきなり内容証明郵便が届き、驚きました。相談当日のうちに代理人になっていただき、安心しました。」

【解決事例3】
不貞慰謝料を請求され、当職に交渉を委任。不利な状況でしたが、和解をまとめることができました。
「会社や家族に知られずに、早期に和解できてよかったです。」

相談料・弁護士費用

【相談料】 30分5000円
【交渉・協議】
 着手金:20万円 報酬:獲得慰謝料の16%又は慰謝料減額の10%
【調停・訴訟】
 追加着手金:10万円 報酬:獲得慰謝料の16%又は慰謝料減額の10%

※ すべて税別になります。
※ 必要経費(交通費や裁判費用)は、別途ご負担いただきます。

お問い合わせ・ご相談

弁護士鳥川秀司(長野県弁護士会所属)
TEL 0266-75-1985
※ 平日は夜10時まで、土曜日は午後5時まで受付しております。

電子メール osachi.law@gmail.com
※ 早急の返信を心がけております。

PAGE TOP