借金

借金

借金でお困りの方、まずは当事務所へご相談ください

借金が頭から離れず、ずっと苦しい思いをしている。恥ずかしくて人に相談できない。
借金した自分が悪いと責め続ける。そのような方は、ぜひ当事務所へご相談ください。
必ず解決策はあります。秘密は厳守します。初回相談30分無料です。安心ください。
借金を整理する方法は、大きく3つあります。 任意整理・個人再生・自己破産です。

任意整理

【弁護士が返済を見直し、貸主と交渉します】
返済できないわけではないが、毎月の返済が厳しい。利息ばかり払っていて、なかなか返済が終わらない。
このような場合、あなたに代わって、弁護士が3~5年の分割弁済を貸金業者と交渉します。これが任意整理です。
【毎月の催促が止まります】
一番頭を悩ますのは、毎月の催促です。葉書や電話で何度も催促が来ると、とても精神的なプレッシャーを感じます。仕事や家庭生活に支障を生じる場合も少なくありません。弁護士が受任すると、あなたに代わって弁護士が窓口になりますので、そのようなプレッシャーから解放されます。
【返済総額が減ることも】
法律で定められた利息を超えて、利息を払い続けている場合があります。そのような場合、再計算したうえで、返済総額を減らすことができます。
【将来の利息は付きません】
借金返済で一番苦しいのは、返済しても返済してもなかなか完済できないことです。これは、毎月の返済額の多くは利息に充てられるからです。弁護士が貸主と交渉する場合、将来の利息は付かないようにします。こうすれば、確実に借金は減っていき、完済に近づいていきます。
【家族に知られずに整理できます】
家族には借金を知られたくない、という方も多くいらっしゃいます。任意整理の場合、弁護士と貸主との交渉ですから、家族に知られることなく、解決することができます。
【スピーディーな交渉をします】
弁護士が受任してから、2~3ヶ月で合意するのが通常です。
【任意整理のデメリット】
任意整理にもデメリットがあります。それは、大幅な減額が難しい、ということです。すなわち、大きく借金が膨らみ、3~5年での返済が不可能であれば、任意整理は適さない、ということになります。おおむね、収入の3分の1以上を返済に充てるのは困難といえるでしょう。その場合には、個人再生や自己破産を検討しましょう。

個人再生

【個人再生で、借金を大幅に減額できます】
個人再生、という制度をお聞きになったことがありますか。あまり馴染みのない制度かもしれません。しかし、この制度を利用すれば、借金を大幅に減額できます。非常に有益であり、当事務所がもっとも力を入れている制度です。自己破産はしたくないが、借金の返済が困難だ、という方は、まずはご相談ください。
【個人再生とは】
借金の原因がギャンブルや浪費である。住宅ローンが残っているが、家を手放したくない。このような場合、裁判所に個人再生を申し立て、住宅ローンはそのままに、他の債務を8割程度減額したうえで、残債務を3年の分割弁済にします。これが個人再生です。
【どのくらい借金が減るのでしょうか】
最低弁済額は、以下の通りです。
①債務の総額100万円未満の場合は、その全額
②100万円から500万円の場合は、100万円
③500万円から1500万円の場合は、債務の20%
④1500万円から3000万円の場合は、300万円
⑤3000万円から5000万円 の場合は、債務の10%
ただし、あなたの財産価額が最低弁済額を上回るときは、その財産の価額が弁済額となります。
【返済期間は何年でしょうか】
最低弁済額を、原則として3年間で返済してもらう必要があります(例外的に5年に延長できる場合もあります)。その返済をし続けたうえで、生活を続けていけるだけの収入が必要になります。従いまして、きちんとした収入が確保できている、という点も大切です。
【免責不許可事由はありません】
借金の理由が浪費やギャンブルであった場合、原則として自己破産できません。これを免責不許可事由といいます。しかし、個人再生の場合、そのような制限はありません。借り入れ理由に問題がある場合でも、個人再生は認められますので、ご安心ください。
【家を手放したくない、住宅ローンを維持したい】
当事務所が力を入れている理由はココにあります。自己破産の場合、せっかく買ったマイホームを手放さなくてはなりません。これでは、たとえ借金が無くなったとしても、住むところが無くなります。また、家族にとっても寂しいことですし、子どもがいる場合には、その影響も大きいです。しかし、個人再生の場合、住宅ローンを維持したままで、他の借金だけを減額することができます。

自己破産

【自己破産で,借金は帳消しに出来ます】
自己破産というと,一般的にはあまり良いイメージはあまりないかもしれません。しかし,自己破産は,借金を帳消しにして新しいスタートを切るための有益な制度なのです。借金が膨らみ過ぎて返済が難しくなっている方には,一度自己破産についてご検討されることをお勧め致します。毎月の返済が困難である。手持ちの資産がほとんどない。
このような場合、裁判所に破産を申し立て、借金の返済義務を免れることができます。これが自己破産です。
【デメリットも丁寧にご説明します】
自己破産は,借金が帳消しに出来るというメリットがありますが,デメリットもあります。例えば,連帯保証人を立てている場合には,保証人にも迷惑がかかってしまうというデメリットがあります。また、一定の財産は残せますが、基本的には持っている財産は各債権者に分配されてしまいます。例えば、不動産や車は保有を続けることが困難です(但し、価値が低い場合には例外的に認められる場合があります)。今後、新たな借り入れをするのも困難です。当事務所が,メリット・デメリットを丁寧にご説明したうえで手続きを進めますので,安心してお問合せ下さい。
【免責不許可事由を確認しましょう】
代表的な例を挙げます。財産を隠す・ひとりの債権者だけに返済する・自己破産直前に追加で借りる・ギャンブルや浪費。これらの理由がある場合には,原則として破産免責が認められません。ただし,免責不許可事由にあたる場合であっても,裁判所の裁量によって免責が許可される場合があります。
【早めのご相談が大切です】
借金の問題は,なかなか人に相談できないものです。しかし,長引けば長引くほど,その苦しさは増していきます。
借金を返すために借金を繰り返す,といういわゆる自転車操業に陥ってしまいますと,なかなか抜け出せません。早めに(傷が浅いうちに,と言ってもいいかもしれません)ご相談いただき,解決に向けた第一歩を踏み出しましょう。

当事務所の解決事例・感謝の声

【解決事例1・任意整理】 借金総額は100万円。分割返済は可能、とのお話しでしたので、当事務所で整理。解決まで3ヶ月かかりましたが、その間に仕事・生活を見直し、再スタートされました。
【解決事例2・個人再生】 仕事のストレスからギャンブルにハマッてしまい、借金500万円。住宅ローンも2000万円残っていました。当事務所で再生申立てを行い、借金を100万円に減額。家族との絆も取り戻せました。
【解決事例3・自己破産】 病気で仕事ができず、生活費借り入れで借金700万円。当事務所で自己破産を申立てました。再就職し、安定した生活を取り戻しました。

弁護士費用|お問い合わせ、ご相談

【弁護士費用】
(相談料) 初回30分は無料。それ以降は30分5000円。
(報酬) 任意整理 一社3万円
     個人再生 住宅ローン特則なし 35万円
          住宅ローン特則あり 40万円
     自己破産 35万円
    (管財事件の場合、管財費用として別途、約20万円)
※ すべて税別になります。
※ 必要経費(交通費や申立費用)は、別途ご負担いただきます。
※ 分割払い可
【お問い合わせ、ご相談】
弁護士鳥川秀司(長野県弁護士会所属)
TEL 0266-75-1985
電子メール osachi.law@gmail.com
※ 早急の返信を心がけております。

PAGE TOP